【実話】ポゼッションのネタバレ感想!悪魔の正体は?歯の抜けた恋人が悲惨

当ページのリンクには広告が含まれています。

2012年に公開された【ポゼッション】は、少女エミリーが悪魔に憑りつかれるホラー映画です。

実はこの映画、実際にある呪いの箱「ディビュークの箱」を元に作られた話なんですよね。

やこ

ウォーキングデッドの人気キャラを演じるジェフリー・ディーン・モーガンも見どころの一つです。

一見B級映画を思わせる雰囲気ですが、全米2週連続で興行収入ナンバー1を獲得したクオリティの高い映画ですよ。

このページでは映画【ポゼッション】のネタバレと感想を紹介します。

まだ見ていない人は、注意してくださいね。

ポゼッションの個人的評価

怖さ…
気まずさ…
グロさ…

ポゼッションの配信状況

配信サービス配信状況
U-NEXT
NETFLIX
Amazon prime video
Hulu
TUTAYAディスカス
この情報は2023年9月現在のものです。最新情報は公式サイトでご確認ください。

\ 31日間の無料トライアルを試す/

目次

【ポゼッション】の予告動画とあらすじ

【ポゼッション】のあらすじ

映画,com

妻と離婚したクライドは、週末に二人の愛娘と過ごすことを楽しみにしていた。しかしある日、次女のエミリーがガレージセールでアンティークの木箱を購入したことで事態は急変する。それ以来、彼女は徐々に暴力的な性格になっていき、ついには常軌を逸した行動を取るようにまでなってしまう。これに危機感を抱いたクライドは、原因はあの木箱にあると突き止め、ついに木箱に隠された恐ろしい秘密を知る。

Wikipediaより引用

【ポゼッション】の作品情報と疑問

作品情報

原題The Possession
公開年2012年 アメリカ
本編92分
年齢制限

題名のポゼッションは「所有する」「支配する」という意味があります。

やこ

この映画では「悪魔に憑依される」という意味を持ちます。

怖さレベル

怖さレベル…

ポゼッションの怖さは、お化け屋敷のようなジャンプスケア系ではなく、静かに怖い「不気味さ」が強いです。

ポゼッションの怖さ

  • ご飯を食べている最中で突然フォークを突き刺すエミリー
  • 抜けた歯を握りしめながら、こちらを凝視するエミリー
  • 顔の内側で指がもぞもぞする演出

など、日常的な動作の中の【非日常さ】がめちゃくちゃ怖いんですよね。

やこ

キッチンでガラスを踏みそうになるシーンも怖かったぁ~

説明が難しいのですが「静かなる恐怖」をすごく感じる映画で、エミリー演じるナターシャ・カリスの芝居に鳥肌が立ちました。

気まずさレベル

気まずさレベル…

ポゼッションには、ベッドシーンなど気まずい場面は一切ありません。

そのため家族や子供と一緒に見ても楽しめる映画ですよ。

グロさレベル

グロさレベル…

ポゼッションは「蛾」がめちゃくちゃ出てきます。

部屋中蛾だらけ…なんてシーンもあるので、虫が嫌いな人は注意してほしいですね。

やこ

体を切るスプラッタ的なグロさはありません。

【ポゼッション】のキャスト・スタッフ

ポゼッションのスタッフとキャストを紹介します。

スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督…オーレ・ボールネダル
  • 音楽…アントン・サンコー
  • 脚本…ジュリエット・スノーデン
  • 脚本…スタイルズ・ホワイト
  • 製作…サム・ライミ
  • 製作…ロバート・タパート
  • 製作…J・R・ヤング

注目したいのは「死霊のはらわた」や「スパイダーマンシリーズ」「ドクターストレンジ」などヒット作品を手掛けるサム・ライミ監督が携わっていること。

やこ

実績のある監督がプロデュースしてるんですよ♪

キャスト

  • クライド(父)…ジェフリー・ディーン・モーガン
  • ステファニー(母)…キーラ・セジウィック
  • エム(エミリー)…ナターシャ・カリス
  • ハンナ(姉)…マディソン・ダヴェンポート
  • ブレット(母の恋人)…グラント・ショウ
  • ラッセル…ロブ・ラベル
  • ダリウス…ナナ・グベウォニョ
  • マクマニス教授…ジェイ・ブラゾー
  • ドクター…アイリス・クイン
  • ザデック(神父)…マティスヤフ

キャストで注目したいのは、クライド役のジェフリー・ディーン・モーガンと、エミリー役のナターシャ・カリスです。

ジェフリー・ディーン・モーガンといえば、ウォーキングデッドのニーガン役で有名ですよね。

やこ

私もニーガン見たさでポゼッションを見たひとりです。

引用元:ウォーキングデッド公式サイト

現在のジェフェリーは痩せていてイケオジ感満載ですが、ポゼッションの時はふっくらしていて別人です。

ジェフェリーの若き頃が見れて、別の意味でも楽しめる映画ですよ。

そしてもう一人の注目人物、エミリー役のナターシャ・カリスの演技がすごい!

やこ

本当に憑りつかれてないよね?と心配になるくらい圧巻でした。

【ポゼッション】のネタバレ感想

映画,com

ここでは【ポゼッション】の感想と、気になる疑問について解説していきます。

【ポゼッション】の感想

ポゼッションの感想を一言でいうなら「エミリー役の子が不気味で怖い」ですね。

やこ

その位エミリーの狂気はすごかったし、鳥肌が立つくらい怖かった…。

この映画は開始3分から視聴者を引き込む演出があって、すぐに「デイビュークの箱がヤバい」と思い知らされます。

そして開始25分辺りから箱に魅了されたエミリーが変貌していくのですが、もうゾクゾクしっぱなしでしたよ。

こういうエクソシスト系の映画って「悪魔に乗っ取られていく過程」と「悪魔祓い」が見どころなんですが、過程の演出が素晴らしい。

やこ

親子の絆も描かれているので、ハートフルな一面も感じることができる映画でした。

25分以降のエミリーの狂い方がすごい

前項でも言った通り、ポゼッションの見どころは「エミリーの狂いっぷり」です。

中でも印象に残っているのは、

  • ご飯の食べ方がどんどん下品になっていくエミリー
  • 立っているだけで怖いエミリー
  • DV被害者を演じるエミリー
  • ジャンプして母に抱きつくエミリー
  • 遠隔操作で歯を抜くエミリー

上げ出したらキリがないくらいに、とにかくエミリーがヤバいんです…。

やこ

食べ方が汚くなる部分が怖かった…

アビズーは悪魔の名前

映画の後半、箱の鏡の裏に書かれていた「アビズー」というのは、悪魔の名前です。

映画内では「子を奪う者」だと説明がありましたよね。

調べてみるとアビズ―は女性の悪魔で彼女自身が不妊だったため、流産や乳児死亡の原因として非難されていたみたい。

そのため「嫉妬」を意味するギリシャ語のアビズーから、そう呼ばれるようになったそうですよ。

やこ

そしてその「アビズ―」の姿にびっくり!

実体化した悪魔が弱そうで…

悪魔祓いの後、実体化したアビズーの姿にちょっと笑ってしまいました…。

まず悪魔があんなに実体化するって珍しいですよね。

しかもあんなひょろひょろで、踏みつぶしたら背中の骨が折れそうな姿だったので、衝撃的でした…。

それまでの演出がリアルで、不気味だっただけにちょっとがっくりしてしまいましたね~。

どうして蛾が沢山出てくるの?

ポゼッションの映画に出てくる蛾は「嫉妬心の象徴」とされています。

というのも、蛾は蛍光灯など明るい場所に集まりますよね。

アビズーは自身が不妊だったため、嫉妬心から子供を奪う悪魔でした。

やこ

アズビーの嫉妬心が蛾で表現されていた…ということですね。

ちなみエミリーの部屋いっぱいに蛾が群がるシーンは、本物の蛾2000匹を使って撮影されたそうですよ^^;

何匹か踏みつぶしそうで怖いですね~ひぃ~。

続編はあるの?

ポゼッションの最後、箱だけが車の外に投げ出されているシーンが続編を思わせる終わり方でしたよね。

けれどこの映画が公開されたのが2012年、11年たっても続編のニュースはないため期待しない方がよさそうです。

最終的に恋人とザデック神父が可哀想

最終的に悪魔は再び箱に封じられ、クライドも家族の元に帰り、めでたしめでたしという感じでしたが…。

ザデック神父が可哀想でたまらない…!!

だってザデックは、他の神父も断った悪魔祓いを引き受けてくれた唯一の神父なのに。

やこ

ホラー映画で良い人が死ぬのは鉄板だけど、辛すぎる。

あと歯が全部抜けた恋人ブレットはどうなったの?という感じ。

何気に一番の被害者は彼じゃないか…と思ってしまいますよね。。

実在するディビュ―クの箱

ポゼッションは「実話」を元にした映画ですが、どうやらクライドやエミリーのような家族がいたわけではなさそうです。

実際に存在しているのは「ディビュークの箱」で、現在はラスベガスの博物館に展示されているそう。

実在する「ディビュークの箱」の呪いについては別の記事で紹介しています。

気になる人はそちらをどうぞ。

【ポゼッション】はどこまでが実話?ディビュ―クの箱と実際の事件まとめ

【ポゼッション】の口コミ

ポゼッションの口コミを調べてみました。

やこ

私以外の感想も参考にしてください。

https://twitter.com/gtfujii/status/1267167908645310464
https://twitter.com/Halle_Muller/status/1028586798610403328

あまり怖くないという意見もありましたが、個人的には「不気味さ」が強かったので大満足です。

ベッドシーンもないし、家族や子供とワーキャー言いながら楽しめるホラーだと思います^^

【ポゼッション】が好きな人に見てほしいおすすめ映画

【ポゼッション】が好きなら「死霊館シリーズ」もおすすめですよ。

死霊館シリーズも【ポゼッション】と同じく、悪魔に憑りつかれた家族を描いたホラー映画ですし、実話です。

やこ

全部で8作品あるのですが、、、

私のおすすめは第2作目の【死霊館 エンフィールド事件】です!

エンフィールド事件は、実際にイギリスのエンフィールド地区で起こった【史上最長のポルターガイスト事件】として知られています。

【ポゼッション】と同じく少女が悪魔に憑りつかれるのですが、こちらも圧巻の芝居で目が離せませんよ。

あらすじと見どころをまとめた記事もあるので、良ければみてください。

【死霊館 エンフィールド事件】ネタバレなしの見どころと無料で見る方法

ポゼッションと死霊館を無料で見られる配信サービス

ポゼッションと死霊館シリーズを無料で見るならU-NEXTがおすすめです。

というのも、U-NEXTは31日間無料で映画が見放題だから。

U-NEXTのおすすめポイント

  • 31日間の無料トライアルがある
  • 600円分のポイントが貰える
  • 無料トライアル中に解約してもOK
  • 作品数がすごい
  • 動画だけではなく、漫画や雑誌も読み放題

290,000本以上の動画が見放題で、無料マンガは13,000冊以上もあります。

お試し期間中に貰える600ポイントを使えば、新作もタダで見れちゃいますよ。

やこ

トライアル期間中に解約してもお金は一切かかりません!

U-NEXTに登録すれば、今回紹介したポゼッションの他にも、下記の動画が無料で見られますよ。

  • 死霊館シリーズ全8作品
  • スクリーム全シリーズ
  • エスター
  • インシディアス

など有名作品多数!※2023年9月の情報です。

見たい作品を調べておいて、一気にしちゃいましょう♪

U-NEXTを31日間無料で見る

コメント

コメントする

目次